羅臼平付近のテントサイト近くに現れたヒグマ=石原健治撮影

知床半島の最高峰、羅臼岳(1660メートル)の登山道の近くに12日朝、体長2メートルを超えるヒグマが現れ、登山客から約30メートルまで接近した。 ヒグマは立ち止まり、登山客は無事だった
posted by 登山初心者ガイド at 05:10 | 登山の本