青梅署山岳救助隊:金邦夫さん「東京の山、甘く見てはいけない」 /東京

秋の行楽シーズンが本格化する中、2000メートル級の山々が連なる奥多摩は、連日、多くの登山客でにぎわっている。しかし、空前の「登山ブーム」の陰で、毎年10人近くが「東京の山」で命を落とす。青梅署山岳救助隊は、ハイカーたちの安全を守る「山の番人」
posted by 登山初心者ガイド at 05:10 | 登山の本